入門記事単語書籍

3.Problem/Solution Fitをめざそう

前の章で、顧客とその顧客が抱えている課題を見つけました。次は、この課題を解決するための“もっともよい”方法を見つけていきます。

もっともよい、とはつまり、課題を解決する方法はいくらでもあるということです。リーンキャンバスで解決策を考えましたが、もっといい方法があるはずです。

いくつもある解決策の中で、もっともよい方法をユーザと対話しながら見つけていきましょう。

この章でやること

この章では、次の6つのステップをとおして解決策を見つけていきます。

  1. PEST分析で解決策のリスクやニーズを把握する
  2. フックモデルで課題を解決するシンプルな方法を定義する
  3. プロトタイプで解決策の画面を表現する
  4. 解決策についての仮説を整理する
  5. ユーザインタビューで仮説を検証する
  6. インタビューの結果をもとに1〜4を更新する

6で更新することがなくなったらProblem/Solution Fitは完了です。ここまでくれば、顧客とその顧客が抱えている課題、解決策が見つかります。これをもとにMVPの構築に入っていきます。

それでは、まずPEST分析からはじめましょう。

Webエンジニア&プロダクトマネージャ。 プログラミングで『ひとりで働く』を模索中。 三重の山の中で妻とこども、ネコとのんびり暮らしています。

Follow @zenizh
\ 入門の進捗を共有しよう /

この入門を気に入っていただけましたら、ぜひフォロワーの方にシェアしてくださいね

ツイート画面をひらく
© Product Development IO