入門記事単語書籍

3.3プロトタイプをつくろう

次は、プロトタイプをつくっていきましょう。プロトタイプは、ひとことで言うとプロダクトの試作版です。リーンキャンバスで書いた解決策が、画面上でどう実現するかを描いたものです。

この章の目的は、解決策が問題ないかどうかを検証することです。つまり、ユーザに解決策を見てもらわないといけません。ただ、実際にものをつくるのは時間がかかってしまいます。

このためプロトタイプをつくります。プロトタイプは試作版なので、時間をかけずにつくれます。このプロトタイプをユーザに見てもらって、結果をもとに改善します。この繰り返しで解決策をブラッシュアップしていきます

プロトタイプには、いろんな種類があります。一番簡単につくれて効果があるのはペーパープロトタイプです。ペーパープロトタイプはその名のとおり紙に手書きで画面を描きます。多少見づらいというデメリットはありますが、解決策を検証するという目的は十分に果たせます。

プロトタイプをつくって、解決策を検証する準備をしましょう。

プロトタイプは、解決策を画面上でどう実現するかを描いたもの。解決策を検証するという目的のためにつくります。

やってみよう

リーンキャンバスの解決策をもとに、プロトタイプをつくってみましょう。前のセクションでつくったフックモデルがきちんと作用するように画面を設計しましょう。

プロトタイプのつくりかたについては、次の記事で詳しく解説しています。あわせてご覧ください。

例:ユーザコミュニティ

私が書いたリーンキャンバスでは、解決策を『開発者とユーザからなるコミュニティ』としました。また、フックモデルではユーザからのリアクションや回答、フォロワー数といった数値のチェックが重要だと定義しました。

これをもとに、開発者側のプロトタイプを次のようにつくりました。

プロトタイプの例

ふだんは紙とペンでペーパープロトタイプをつくりますが、ここでは例として紹介するので、わかりやすいようFigmaでつくりました。このプロトタイプをもとに、ユーザインタビューをしていきます。

Webエンジニア&プロダクトマネージャ。 プログラミングで『ひとりで働く』を模索中。 三重の山の中で妻とこども、ネコとのんびり暮らしています。

Follow @zenizh
\ 入門の進捗を共有しよう /

この入門を気に入っていただけましたら、ぜひフォロワーの方にシェアしてくださいね

ツイート画面をひらく
© Product Development IO