入門記事単語書籍

2.3ドメインを取得しよう

次にドメインを取得しましょう。ドメインは技術ブログの住所のようなものですね。.com.jpなどがありますが、技術ブログだと.dev.ioも人気です。

ドメイン名はなんでもいいと思います。自由に決めてみましょう。

サーバの無料ドメインを利用しよう

前のステップでサーバを比較しました。この中でConoHaロリポップはサーバを契約すると同時にドメインを無料で取得することができます。無料ドメインがついているサーバの場合は、そちらで取得するといいのかなと思います。

ドメインをどこで取得するか

ドメインをどこで取得するかについては、私はお名前.comムームードメインをおすすめしています。簡単ではありますが、下に表でまとめておきますね。

サービスお名前.comムームードメイン
料金
種類
運営会社GMOインターネットGMOペパボ
運営開始1999年2004年
公式サイトお名前.comムームードメイン

私は15年ほど前からWebサイトの制作やWebサービスの開発をしていて、このふたつのドメイン取得サービスを利用してきましたが、問題が起きたことは今のところありません。安心できるサービスだと思っています。

やってみよう

ドメイン名を決めてみましょう。決まったら、ドメイン取得サービスをとおしてドメインを取得しましょう。契約しているサーバに無料ドメインのサービスがある場合は、そちらで取得するといいと思います。

ドメインを取得したら、サーバにWordPressを設置したり、ドメインの設定を行いましょう。たとえばConoHaはWordPressの設置からドメインの取得・設定、SSLの設定などを一括で行ってくれます。

関連記事

ドメインの取得については、『技術ブログはどこで書く? WordPressがいいケースと、おすすめのサーバ』で詳しく書いています。あわせてご覧くださいね。

Webエンジニア&プロダクトマネージャ。 プログラミングで『ひとりで働く』を模索中。 三重の山の中で妻とこども、ネコとのんびり暮らしています。

Follow @zenizh
\ 入門の進捗を共有しよう /

この入門を気に入っていただけましたら、ぜひフォロワーの方にシェアしてくださいね

ツイート画面をひらく
© Product Development IO