入門記事単語書籍

技術ブログのアフィリエイトにおすすめな4つのASP

あなた
あなた

技術ブログでアフィリエイトをはじめたいんだけど、どうやるの? そもそも技術ブログって儲かるの? あんまりお金にならないって話をよく聞くけど。

といった悩みについて記事でお答えします。

技術ブログをやっていると、広告で収益化できたらうれしいですよね。私は個人開発や技術書の購入など、技術まわりで出ていくお金がたくさんあります。この技術ブログで開発やプロダクトマネジメント、Ruby on Railsを中心に技術情報を発信しつつ、収益化にも取り組んでいます。

今回、『技術ブログ収益化入門』の執筆にあたり収益化について調べました。技術ブログの収益化についての情報がまとまってきたので、今回は技術ブログのアフィリエイトにおすすめのASPについて書いてみます。技術ブログを収益化するときの参考になればうれしいです。

この記事の対象となる読者の方

この記事は技術ブログをもっている方、これからはじめようとしている方の中で、アフィリエイトで収益化したいと考えている方を想定して書いています。

技術ブログにおけるアフィリエイトとは

あなた
あなた

ブログでお金を稼ぐならアフィリエイトって聞くけど、そもそもアフィリエイトってなんだっけ。

技術ブログにおけるアフィリエイトとは、『広告主が提供する広告を技術ブログに掲載して、成果が発生したら報酬を受け取る仕組みのこと』をいいます。簡単にいうと技術ブログに広告を貼って収益を得る仕組みですね。

エンジニアの方がよくやっているのは、たとえば技術書のレビューを書いてリンクを貼り、そのリンクを経由して技術書が売れたら報酬をもらったりしていますね。他にも転職や副業、プログラミングスクールの広告などがあります。

こういった広告を技術ブログに貼って収益を得るのがアフィリエイトです。

技術ブログにおけるASPとは

ASPとはアフィリエイトサービスプロバイダの略で、広告主と技術ブログをつなぐ役割をもっています。

広告主はASPに対して広告や報酬などの条件を提供し、ASPがそれらを取りまとめて技術ブログに広告を提供します。広告から発生した成果や報酬の管理もASPが行います。

技術ブログでアフィリエイトをするならASPに登録することになる、ということになりますね。

まとめ:技術ブログにおけるASPとは

技術ブログにおけるASPは、広告主と技術ブログをつなぐ役割をもっています。技術ブログでアフィリエイトをするなら、ASPに登録することになります。

技術ブログは儲からない?

そもそも、技術ブログは儲かるのでしょうか。よく、「エンジニアは広告をクリックしないから技術ブログは儲からない」と言われたりします。結論からいうと、『儲からないけど月数千〜数万円の収益を得ることは可能』です。

広告はクリックされない?

エンジニアは広告をクリックしないかと言われると、そうでもありません。私は技術ブログの収益化入門というコンテンツを作っていて、その際に数十名のエンジニアの方にインタビューをしました。

その中で、30代中盤以降の方はたしかに広告をクリックしたくない、仮に広告があっても名前で検索したり、そもそも広告をオフにするといった方がいました。私自身、広告をクリックすることはほとんどありません。

一方で若い方、とくに20代前半〜中盤の方は広告をクリックすることに抵抗がない、そもそも抵抗がある方がいることに驚いている方がほとんどでした。

クリックされやすい記事とは

エンジニアの方を対象に絞ったとき、有効な広告の種類は大きく減ります。上で書いたような技術書のレビュー、他にもWebサーバやドメインの取得、あるいは転職や副業の広告などが考えられますね。

こういった広告は、技術ブログの筆者の体験談を元に紹介することで、読者にとって有益なコンテンツになります。技術ブログをとおして筆者に好感をもった読者が、魅力的なコンテンツとして広告を表示されたとき、クリックする可能性は十分にあります。

ただ広告を貼るのではなく、筆者の体験を元にしたコンテンツ=記事広告を、とくに若い方に向けて書くことで、月に数千〜数万円の収益を作ることは十分可能だと思います。

『儲かる』とはちょっと違うかもしれませんが、それで十分な方であればやる価値はあるといえるのではないでしょうか。

あなた
あなた

なるほど。記事の中で突然出てくる広告じゃなくて、体験談という形ならたしかに読みたくなるかもしれない。

『儲かる』の定義とは

そもそも『儲かる』の定義とはなんでしょうか。たしかに技術ブログで月に数十万円も数百万円も収益を得るのは難しいと思っています。これを『儲かる』とするなら、技術ブログは儲からないと思います。ただ、月に数千〜数万円くらいなら、十分に可能だと思っています。

読者の数は多くないので、月に数十万円もの収益をあげるのは難しいかもしれません。一方で月に数千〜数万円なら、コンテンツをしっかり作れば十分達成できると思います。『儲かる』とは言えませんが、技術書やWebサーバ代などは十分得られると考えています。

私はそもそも技術ブログの文脈で儲かるかどうかの話はすべきではないと思っています。技術ブログの目的は技術情報のアウトプットなので、収益を目的にした時点で長続きはしないかな、と感じています。

コンテンツ連動型の広告について

コンテンツ連動型の広告、たとえばGoogleアドセンスなどは、技術ブログの筆者の方の体験をコンテンツ化できないので、クリックされづらく、個人的に効果はないと思っています。この記事ではコンテンツ連動型の広告には言及しません。

技術ブログにおけるASPの要件

それでは、広告を掲載するために登録が必要になるASPについて、まず要件を整理します。技術ブログにおけるASPに求められるもっとも重要な要件は『技術ブログに適した広告を提供していること』です。

ASPといっても世の中にはたくさんのASPがあります。その中で、技術書やWebサーバ、ドメイン取得、他にも転職や副業、プログラミングスクールといった技術ブログの読者にとって有益な広告を扱っているASPを利用すべきといえます。

こういった広告は技術ブログでコンテンツ化しやすく、収益につながりやすいです。この要件を元に、次の章でおすすめのASPをまとめていきますね。

技術ブログのアフィリエイトにおすすめのASP

あなた
あなた

それで、結局どのASPに登録すればいいの?

それでは本題の、技術ブログのアフィリエイトにおすすめのASPについてまとめていきます。私は世の中にあるASPを一通り登録して使ってみました。その中で、技術ブログのアフィリエイトとして次の4つのASPをおすすめします。

まず表でまとめた上で、ひとつひとつ見ていきます。

おすすめ順ASPおすすめ度特徴
1A8.net★★★★★最大手。案件数が豊富、使いやすい
2もしもアフィリエイト★★★★★技術書などの商品に強い
3バリューコマース★★★★☆日本ではじめてのASP。Yahooグループ
4アクセストレード★★★★☆ジャンルによっては充実

1. A8.net

A8.net

A8.net業界最大手のASPです。東証1部に上場している株式会社ファンコミュニケーションズが提供しているサービスで、信頼感があります。

審査なしで登録でき、Webサーバやドメイン取得、転職、副業、プログラミングスクールなど、技術ブログ向けの広告が豊富に提供されています。管理画面も使いやすく、アフィリエイトをするなら必ず登録すべきといえるASPです。

2. もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイトは技術書などの商品紹介に強みをもちます。Amazonなどの商品をもしもアフィリエイト上で紹介できます。その他にも転職や副業といった広告も充実しています。審査もありません。

もしもアフィリエイトの特徴として、W報酬制度というものがあります。これは通常報酬に加えて12%が上乗せして支払われる制度です。サービスとして『がんばる個人のためのアフィリエイト』とうたっていることもあり、全体として体験がとてもよいです。こちらも必ず登録しておきたいASPといえます。

3. バリューコマース

バリューコマース

バリューコマースは日本ではじめてのASPで、Yahooのグループ会社です。運営元のバリューコマース株式会社も東証1部に上場しており、信頼感があります。

バリューコマースは転職や副業といった技術ブログ向けの広告を提供しているのはもちろん、Yahooショッピングの広告があるという特徴があります。他の広告より条件がいい場合もあるので、登録しておきたいですね。

4. アクセストレード

アクセストレード

アクセストレードはマザーズに上場している株式会社インタースペースが提供しているASPです。

案件数は他のASPに比べて少ないですが、求人情報などジャンルによっては充実しているものもあります。こちらも登録しておいた方がいいと思います。

どのASPに登録すべきか

ASPはできるだけたくさん登録しておいた方がいいです。とくに上でまとめたASPは、数多くのASPの中から技術ブログ向けに選んだASPでもあるので、すべて登録しておくことをおすすめします。

アフィリエイトは、どれかひとつのASPを使うのではなく、複数のASPから広告の種類や報酬などの条件を元に選ぶことになります。ひとつのASPではカバーしきれません。

表を再掲しておきますね。最低限、A8.netもしもアフィリエイトだけは登録しておくことをおすすめします。このふたつでたくさんの案件をカバーできます。

おすすめ順ASPおすすめ度特徴
1A8.net★★★★★最大手。案件数が豊富、使いやすい
2もしもアフィリエイト★★★★★技術書などの商品に強い
3バリューコマース★★★★☆日本ではじめてのASP。Yahooグループ
4アクセストレード★★★★☆ジャンルによっては充実

ASPへの登録はひとつあたり3分で完了するので、できるだけ多くのASPに登録しておくことで継続的な収益化につながっていきます。

まとめ:どのASPに登録すべきか

ASPはできるだけたくさん登録しておいた方がいいです。最低でもA8.netもしもアフィリエイトだけは登録しておくことをおすすめします。このふたつでたくさんの案件をカバーできます。

いつ技術ブログのアフィリエイトをはじめるか

技術ブログのアフィリエイトは、技術記事がある程度ふえてからはじめた方がいいと思います。記事が少ないと、ASPにっては審査が落ちる可能性があります。

5件くらい書いてから登録すれば問題ないと思います。A8.netもしもアフィリエイトなどASPによっては審査がないものもあるので、そちらは先に登録だけしておいてもよさそうです。

技術ブログでアフィリエイトをする上で大切なこと

最後の章として、技術ブログでアフィリエイトをする上で大切なことを書いておきます。

技術ブログの目的はあくまでアウトプットです。収益を技術ブログの目的にしてしまうのは、貴重なアウトプットがなくなってしまい、あなたにとっても他の読者の方にとっても損失です。

技術ブログはあなたの知識の定着や将来の自分のためのメモとして、また同じ悩みを抱える読者のためにも大切な役割を果たします。収益化を目的にしてしまうと、お金にならないときに更新をやめてしまうかもしれません。

自分のため、他の誰かのためなど、ぜひ収益以外の目的を決めて運営するようにしましょう。

技術ブログを継続してこそ成果につながる

また、技術ブログは継続してこそ収益につながっていきます。数年単位で継続することで、少しずつ収益がふえていきます。ASPに登録して記事広告を書き、収益のベースを作ったら、あとは普段どおり技術情報のアウトプットを継続してくださいね。

このあたりの話もふくめて、技術ブログを収益化するための入門コンテンツを書いています。公開後にここからリンクを貼りますので、しばらくお待ちください。

あなた
あなた

結局はアウトプットを継続することが大切なんだね。広告を貼りつつ、一旦お金のことは忘れて記事を書くことに集中しよう。

まとめ

この記事では技術ブログのアフィリエイトにおすすめのASPをまとめました。いくつかのASPに登録した上で、広告の種類や報酬の条件などを元に掲載する広告を選んでいきます。技術ブログの収益化をめざしたいなら、『技術ブログ収益化入門』もあわせてご覧くださいね。

大切なことは、技術情報のアウトプットを継続することです。収益を目的にせず、継続することで少しずつ収益が生まれていくと思います。

Webエンジニア&プロダクトマネージャ。 プログラミングで『ひとりで働く』を模索中。 三重の山の中で妻とこども、ネコとのんびり暮らしています。

Follow @zenizh
\ 記事をシェアしよう /

この記事を気に入っていただけましたら、ぜひフォロワーの方にシェアしてくださいね

ツイート画面をひらく
関連記事関連書籍
現場で使えるRuby on Rails 5

共著で『現場で使えるRuby on Rails 5(マイナビ出版)』を書きました。

Amazonでみる
© Product Development IO