プロダクトの設計やリリース計画を見える化する『ユーザストーリーマップ』のつくりかた

Webサービスやアプリをつくるとき、そのプロダクトでユーザはどんなことができるのか、リリースにどの機能が含まれるのかなど、プロダクトの全体像を把握しておく必要があります。

そうでないと、必要な機能が抜けてしまったり、リリースタイミングが分からず他のメンバーとの必要な連携が取れなかったりするかもしれません。

プロダクトの設計やリリース計画などを見える化する手法としてユーザストーリーマップがあります。この記事ではユーザストーリーマップとはなにか、つくる目的やつくりかたについて書いていきます。

ユーザストーリーマップとは

ユーザストーリーマップ

ユーザストーリーマップとはユーザストーリーを整理し、プロダクトの設計とユーザの行動、リリース計画を見える化したものです。ジェフ・パットン氏によって提唱されました。

ユーザストーリーとは

ここでユーザストーリーについておさらいしておきます。ユーザストーリーは、プロダクトにおけるユーザの目的を文章で表したものです。

たとえばレシピサイトであれば、次のような文章がユーザストーリーです。

  • ユーザはレシピを投稿できる
  • ユーザはレシピを検索できる
  • ユーザはレシピを保存できる

ユーザストーリーを整理する

このユーザストーリーを整理したものがユーザストーリーマップです。プロダクトを使いはじめてから使い終えるまでのユーザストーリーについて、横軸に時系列で、縦軸に優先度順で並べます。

このとき、ユーザストーリーをリリースするタイミングによって線を引きます。これによって、どのリリースにどのユーザストーリーがふくまれるかがすぐに分かります。

ユーザストーリーマップをつくる目的

ユーザストーリーマップは、プロダクトの設計とユーザの行動、リリース計画を整理するためにつくります。

プロダクトを設計するときはユーザストーリーを書きますが、ユーザストーリーだけだとストーリー同士の関連が見えません。関連が見えないと、ユーザの一連の行動に必要なストーリーが抜けたりします

また、ユーザストーリーはかんばんなどのタスク管理ツールで管理するのが一般的です。ただ、タスク管理ツールでは「このリリースにふくまれるユーザストーリーはなにか」を確認するのには手間がかかる場合があります。

これらの問題を解決し、また設計の全体像を確認するためにもユーザストーリーマップをつくります。

ユーザストーリーマップのつくりかた

ではユーザストーリーマップのつくりかたについて書いていきます。ユーザストーリーマップは、次の6つの手順でつくります。

  1. ツールを準備する
  2. 主要なユーザストーリーを書き出す
  3. 時系列で並べる
  4. ユーザストーリーを書き出す
  5. 優先度順に並べる
  6. リリースで区切る

1. ツールを準備する

まずユーザストーリーマップをつくるためのツールを準備します。これはオンラインとオフライン、どちらでやるかで変わりますが、どちらも付箋を使うと便利です。

オンラインでやる場合はホワイトボードサービスのMiroがおすすめです。オフラインの場合はポスト・イットのような付箋とペンを使います。

2. ユーザストーリーを書き出す

次にプロダクトにおける主要なユーザストーリーを書き出します。ユーザストーリーは次のような形式で書きます。

(役割)は(行動)することができる

ここでいう主要なユーザストーリーとは、『ユーザはレシピを検索できる』のような大きい粒度のストーリーです。たとえば『ユーザはレシピの検索結果を人気順で見られる』といった細かいストーリーは次のステップで書き出します。

また、ユーザストーリーはユーザ視点でプロダクト上でなにができるかを書きます。『◯◯◯を実装する』のように、開発者の視点では書かないように気をつけます。

3. 時系列に並べる

書き出した主要なユーザストーリーを横軸に時系列で並べ替えます。たとえばユーザの行動を時系列に並べると次のようになります。

  1. ユーザは会員登録できる
  2. ユーザはレシピを検索できる
  3. ユーザはレシピを表示できる
  4. ユーザはレシピを保存できる
  5. ユーザは保存したレシピを表示できる

4. ユーザストーリーを書き出す

2で書き出した主要なユーザストーリーに関連するストーリーを書き出していきます。たとえば『ユーザは会員登録できる』に関連するストーリーは『ユーザはメールアドレスで会員登録できる』『ユーザはTwitterアカウントで会員登録できる』などがあります。

5. 優先度順に並べる

書き出したユーザストーリーを優先度順に並べます。たとえば会員登録について、メールアドレスで会員登録さえできればTwitter認証は後でもいい、といった判断をします。

6. リリースで区切る

最後に、リリースごとに区切ります。『MVP』や『アルファ版』『ベータ版』などのリリース計画にどのユーザストーリーをふくめるかを決めて、線を引くことで区切ります。

いつユーザストーリーマップをつくるか

ユーザストーリーマップは、MVPをつくる前までにつくっておくとよいです。

ユーザストーリーマップはプロダクトの全体像を把握したりリリース計画を確認できるため、MVPや実際のプロダクトの開発を行う上でとても役に立ちます。

注意点

ユーザストーリーマップをつくる上で重要なのは、つくらないユーザストーリーを決めることです。ユーザにとって便利なプロダクトにしようと、いろいろな機能をつくりがちです。ただ重要なのはその逆で、プロダクトをいかにシンプルに保つかです。

これについては以下の記事で詳しく書きましたので、こちらをご覧ください。

まとめ

ユーザストーリーマップは、ユーザストーリーを整理することで設計やユーザの行動、リリース計画を分かりやすく示すためのフレームワークです。設計やリリースタイミングを把握できるほか、メンバーやステークホルダーとのコミュニケーションにも役に立ちます。

MVPをつくりはじめる前にユーザストーリーマップをつくることでプロダクト開発に大きく役立てることができます。

Hiroki Zenigami

Webサービスとアプリづくりが趣味。 ふだんは会社員をしつつ、副業でWebサービスを運営。 プロダクト開発や転職、副業を中心に書きます。

Twitterでフォローする
記事を読んだことを共有しよう

あなたがどんなことに興味をもっているかをフォロワーに知ってもらうきっかけになります

ツイート画面をひらく
関連記事関連書籍
ゼロから始めるプロダクトマネジメント

ゼロから始めるプロダクトマネジメント

わかりやすいストーリーとやさしい文体で学べる、プロダクトマネジメント学習の最初の一冊におすすめの本です。

レビューをみる
パーフェクトRuby on Rails【増補改訂版】

パーフェクトRuby on Rails【増補改訂版】

Railsの新しいライブラリやデザインパターンなどの設計について実践的に学べる、Railsエンジニアの必読書です。

レビューをみる
現場で使えるRuby on Rails 5

共著で「現場で使えるRuby on Rails 5(マイナビ出版)」を出版しました。

Amazonでみる
product-development.io
エンジニアのための技術情報サイト
© product-development.io