入門記事単語書籍

エンジニアのための技術ブログの始め方

読者のイメージ

技術ブログを始めようと思うんだけど、なにから始めればいいの?

というお悩みに、私の経験をもとに記事でお答えしていきますね。この記事では、技術ブログの始め方について、次の5つの項目に分けて書いていきます:

順番項目
1技術ブログとはなにか
2なぜ技術ブログを始めるべきか
3どこで技術ブログを始めるか
4どうやって技術ブログを書くか
5いつ技術ブログを書くか

私は技術ブログを始めて7年になりました。その間、本サイトもふくめていくつかの技術ブログを運営してきました。その経験をもとに、この記事を書いています。

この記事が技術ブログを始める方の参考になればうれしいです。それではご覧くださいね。

この記事の対象となる読者の方

この記事は、これから技術ブログを始めようとする方を対象に記事を書いています。

とくに、プログラミングを学習中の方、あるいはエンジニアとしての実務経験が1〜3年目の方に向けて書いています。

目次

技術ブログとはなにか

読者のイメージ

そもそも技術ブログってなんなの? どういうことを書くんだろう。

技術ブログとは、『技術情報を中心に発信するブログ』のことをいいます。たとえば本サイトなども技術ブログですね。

技術ブログでは、次のようなことを書いていきます:

  • 技術に対する考察
  • 知識の体系化
  • バグの解決策
  • ライブラリなどの紹介
  • 技術書のレビュー

こういった技術情報を中心に、記事として発信するのが技術ブログになります。

なぜ技術ブログを始めるべきか

技術ブログは、『技術ブログを始めるべき理由』でも書きましたが、次の7つのメリットがあります:

  1. 他の誰かの役に立てる
  2. 将来の自分の役に立つ
  3. 知識として定着する
  4. 文章力が向上する
  5. セルフブランディングになる
  6. 仕事の依頼が来る
  7. 広告収入を得られる

とくに知識の定着文章力の向上ブランディングはエンジニアにとって大切ですよね。こういったメリットがあるので、技術ブログを始めるべきといえます。

関連記事

loading...

どこで技術ブログを始めるか

技術ブログは、『どこで技術ブログを始めるか』でも書きましたがWordPressで始めるのがベストだといえます。

技術ブログを始める場所としてはQiitaZennのような技術情報共有サービス、はてなブログMediumのようなブログサービスがあります。あるいは自作するという手もありますね。

このような選択肢がある中、次の理由でWordPressがおすすめです:

  • Markdownで書ける
  • テーマ、プラグインが豊富にある
  • カスタマイズが自由にできる
  • サーバによるが高速に動作する
  • 執筆や管理が簡単にできる
読者のイメージ

サービスによっては書けないこともあるみたいだし、WordPressがよさそうだね。

次の関連記事では、WordPressで技術ブログを始めるためにおすすめのサーバも紹介しています。ぜひ読んでみてくださいね。

関連記事

loading...

どうやって技術ブログを書くか

技術ブログの記事は、『技術ブログの書き方』でも書きましたが次のような構成で書くといいです:

  1. ひとつのことのみを書く
  2. 結論を最初に書く
  3. 目的や対象を書く
  4. 前提をそろえる
  5. 再現性をもたせる

技術ブログの記事の書き方はもちろん自由ですが、知識の定着や文章力の向上といった目的のためには、書き方を工夫できるといいですね。

関連記事

loading...

いつ技術ブログを書くか

技術ブログの記事は、たとえば次の時間に書いていきます:

  • 仕事や学校が始まる前
  • 仕事や学校が終わった後
  • 休日

たとえば仕事で調査したこと、バグの解決策やライブラリなどをメモしておきます。それを上の時間で記事としてまとめるといいですね。

読者のイメージ

時間を見つけて、ブログ記事を書くのを習慣化してみようっと。

参考:技術ブログを収益化する方法

技術ブログは、収益化することもできます。技術情報を発信しつつ、収入も作れるんですね。

技術ブログは継続することが大切で、収益化を目的とすることはよくないと思っています。ただ、ささやかなたのしみにはなると思っています。

この方法については『技術ブログ収益化入門』でまとめています。よかったら合わせてご覧くださいね。収益化に取り組むなら、早い方が効果が出やすいですよ。

まとめ

技術ブログの始め方について、5つの項目に分けて書きました。技術ブログは始めるメリットが本当に大きいので、時間のあるときにぜひ作ってみてくださいね。

エンジニアになりたい人を心から応援したい。起業→失敗→プログラミング学習→Webエンジニア。三重県在住。なんでもご相談くださいね。

Follow @zenizh
\ 記事をシェアしよう /

この記事を気に入っていただけましたら、ぜひフォロワーの方にシェアしてくださいね

ツイート画面をひらく
関連記事関連書籍
現場で使えるRuby on Rails 5

共著で『現場で使えるRuby on Rails 5(マイナビ出版)』を書きました。

Amazonでみる
Product Development IO
エンジニアの『ひとりで働く』を発信するブログ
お問い合わせ
ご意見・ご質問やお仕事のご依頼などは下記よりお願いいたします
お問い合わせ
© Product Development IO