入門記事単語書籍

【技術ブログ】SEO対策の基本3つ。たくさんの人に読まれるコツとは?

こんにちは、ぜに(@zenizh)です。あなたは、次のような悩みをもっていませんか?

読者のイメージ

技術ブログを書いてるんだけど、アクセス数がふえない。SEO対策をすればいいらしいけど、どうすればいいの?

記事はがんばって書いているのに、ほとんど読まれない。なぜでしょうか……。

技術ブログは、その性質上Googleなどの検索エンジンからのアクセスがほとんどになります。つまり、検索エンジンに表示されやすくすること=SEO対策が大切なんですね。

実は、記事を書くときに意識するだけでアクセス数を大きくふやすコツがあるんです。この記事では、次の2つ:

  • SEO対策とはなにか
  • SEO対策の基本3つ

について解説していきます。この記事を読むことで、技術ブログのアクセス数が増えます。セルフブランディングの向上につながったり、モチベーションが高まります。きっと、ブログがもっとたのしくなりますよ。

私は企業での業務をとおしてWebサービスやブログのSEO対策を実践してきました。技術ブログも2013年からやっていて、本記事の内容を実践しています。この経験をもとに、解説していきますね。

目次

SEO対策とはなにか

SEO対策とは、『SEOとは?成功させるために知っておきたいポイントを徹底解説』によると:

検索ユーザーに良質なコンテンツや体験を提供し、結果的にGoogleからの評価も得るための施策

とされています。つまり、検索によるアクセス数をふやすための取り組みのことですね。

SEO対策をすることでGoogleからの評価が高まり、ユーザーが検索をしたときにより上位に表示されるようになります。結果としてアクセス数がふえます。

技術ブログをたくさんの人に読んでほしいなら、やっておきたい対策ですね。

SEO対策の基本3つ

SEO対策の基本は『コンテンツSEO』です。これは、簡単にいうと『検索ユーザーのことを考えてコンテンツを作ること』です。

【完全版】コンテンツSEOとは|本当にSEOに強いブログや記事の書き方』では、コンテンツSEOについて次のように説明しています:

コンテンツSEOとは、検索ユーザーにとって有益な情報を提供する記事系のコンテンツを作成し、SEOの評価を高める手法です

具体的には、コンテンツSEOを行うには次の3つのことを実践します:

  1. キーワードを選ぶ
  2. タイトルを作る
  3. 本文にキーワードを入れる

ひとつずつ見ていきますね。

1. キーワードを選ぶ

検索ユーザーは、悩みがあるときにキーワードを入力して検索します。たとえば『rails ルーティング』などですね。

ユーザーがどんなことに悩んでいるかを想像しつつキーワードを選んで、ユーザーの悩みを解決するような記事を書くことが、コンテンツSEOにとって大切なことです。

SEO対策は、どのキーワードについて書くかがすべてです。記事を書くときは、まずどんなキーワードについて書くかを決めましょう。

ツール①:ラッコキーワード

このキーワードを選ぶときは、ラッコキーワードというツールが役に立ちます。これはユーザーの検索キーワードを調査するための道具ですね。

たとえば、『rails ルーティング』で調べてみると、次のような調査結果が表示されます:

ラッコキーワードのスクリーンショット ユーザーの検索キーワードを調査するツールです

この結果を見てみると、『rails ルーティング』に関して『書き方』や『ネスト』について悩んでいるユーザーがいることがわかりますね。

ここで表示されるキーワードをもとに記事を書いていくと、ユーザーに価値を提供できる記事になります。

ツール②:キーワードプランナー

他にも、キーワードプランナーで検索ボリュームを調べることができます。これはGoogle公式のツールで、指定したキーワードで月にどれくらいユーザー検索が期待できるかを教えてくれます。

たとえば、同じく『rails ルーティング』で調べてみると:

キーワードプランナーのスクリーンショット キーワードの検索ボリュームを調査するツールです

『rails ルーティング 書き方』では月に100〜1,000回のユーザー検索が期待できるという結果が出ました。つまり、このキーワードで記事を作ると、100〜1,000件のユーザー検索が行われ、そのうち何人かがあなたの記事を読んでくれることになります。

キーワードプランナーの使い方は『【2020年最新版】Googleキーワードプランナーの使い方入門!注意点も解説』に詳しいです。

競合相手をチェックする

キーワードを決めたら、試しにGoogleで検索してみてください。検索結果の上位に表示されている記事が、あなたの記事の競合相手です。その記事に勝てそうなら書き、厳しそうなら別のキーワードを検討するといいですね。

あなたが書きたいことを前提に、この2つのツールをうまく活用してキーワードを決めていきましょう。

2. タイトルを作る

キーワードを決めたら、次はタイトルを作りましょう。タイトルについて、押さえるべきポイントは次の3つです:

  1. キーワードを含める
  2. 左側にキーワードを入れる
  3. 33字以内にする

ユーザーが検索するときの検索結果は、タイトルにキーワードが含まれているかどうかが大きな要素になります。タイトルにはキーワードを必ず入れるようにしましょう。

また、キーワードをタイトルの左側に入れることが大切です。この方がクリック率が高まるからですね。

たとえば、『rails ルーティング 書き方』の場合、タイトルは:

  • Railsのルーティングの書き方。例をもとに解説します
  • 例をもとに解説します。Railsのルーティングの書き方

この2つなら、前者の方がいいですね。なぜなら検索結果ではキーワードが太字でハイライトされますが、画面の左側に太字があった方がユーザーに認識されやすいからです。

あと、タイトルは33字以内にしましょう。これは34字以上だと検索結果でタイトルが『…』で省略されてしまうからですね。

タイトルで伝えたいことは、すべて表示した方がユーザーにとっていい体験と言えます。

タイトルの作り方については、『SEOに強いタイトルを付けるための7つのコツ』という記事に詳しいです。あわせてご覧くださいね。

3. 本文にキーワードを入れる

本文がキーワードとどれくらい強く関連しているかも、検索結果に影響します。とくに、次の2つにキーワードを入れることが大切です:

  • 見出し(h2やh3タグなど)
  • 文章

ここにキーワードを入れていきます。

注意点として、狙ったキーワードだけを使い、同義語・略語は使わないようにします。

たとえば、『rails ルーティング 書き方』というキーワードを設定しているときに、ルーティングを『routing』と表記したり、書き方を『実装方法』や『記述方法』と言い換えたり、ですね。

表記が揺れると、狙ったキーワードでの順位が落ちてしまう可能性があります。選んだキーワードで統一するようにしましょう。

もちろん、この目的はコンテンツSEO、つまり検索ユーザーの体験をよくすることです。

『ルーティング』で検索したユーザーは、この用語が記事中に使われていることを期待して読みます。別の言葉を使うと、ユーザーが混乱してしまうかもしれませんよね。

また、むやみにキーワードを文章に散りばめてもいけません。これはGoogleからのペナルティの対象になってしまいます。

あくまで検索ユーザーの体験をよくする目的で、わかりやすい記述になるよう心がけましょう。

大切なのは検索ユーザーの体験

繰り返しになりますが、大切なのは検索ユーザーの体験をよくすることです。インターネットに転がっている小手先のSEOテクニックを詰め込むのではなく、「どうすれば検索ユーザーが悩みを解決できるのか?」を意識して記事を作ることが大切ですね。

アクセス数がふえるまでの期間

ここで書いたSEO対策を実践したとして、すぐにアクセス数がふえるわけではありません。

どれくらい時間がかかるのかは根拠となる公式発表もないので正確には言えませんが、一般的に早くて3ヶ月、長くて1年だと言われています。

SEO対策の効果が出るまでの期間ってどのくらい?』でも:

SEO対策の効果が出はじめるまでは最短でも3~6ヶ月かかる

とされています。私も本ブログで記事を書いたり、書いた記事をSEO対策にあわせてリライトしたりしますが、結果が出るのにだいたい3ヶ月かかっています。

3ヶ月という期間はひとつの目安になりますね。

技術ブログの目的を忘れないようにしよう

気をつけないといけないのは、あなたが技術ブログを運営する目的を忘れないことです。本来の目的は、知識定着など、きっとアクセス数以外の目的があると思います。

技術ブログを書いても、すぐにはアクセス数はふえません。アクセス数を気にしすぎるのではなく、アウトプットを継続することを第一にしましょう。

本記事で書いた3つのポイントを押さえた記事を書いていけば、長期的なアクセスの増加につなげられますよ。

SEO対策に適しているブログはどこ?

いくらSEO対策に気をつけても、書いている場所によっては限界があります。検索結果の順位にはブログの表示速度が重要な指標のひとつですが、無料のブログサービスは表示が遅いところがほとんどです。

また、ブログを自作すると、コンテンツ以外のSEO、内部SEO外部SEOが適切でなかったりします。

SEO対策に適しているブログに、WordPressがあります。

WordPressは、サーバーによっては高速に表示されますし、テーマやプラグインを入れればSEO対策がしっかりできます。記事以外のところでもSEO対策に力を入れたかったら、ぜひ次の記事を読んでみてくださいね。

loading...

おわりに

SEO対策は、検索ユーザーの体験をよくするための取り組みです。キーワードを選び、タイトルと本文の作り方を気をつけることで、長期的にみてアクセス数をふやすことができます。

記事を書いても、結果が出るのは3ヶ月以上先のことです。アクセス数を気にせず、アウトプットや学習に時間を使っていきましょう。

技術ブログを書く・読むのが好き🧑‍💻 Webエンジニア←プログラミング教育で起業←東大院←熊本高専。

Follow @zenizh
\ 記事をシェアしよう /

この記事を気に入っていただけましたら、ぜひフォロワーの方にシェアしてくださいね

ツイート画面をひらく
関連記事関連書籍
現場で使えるRuby on Rails 5

共著で『現場で使えるRuby on Rails 5(マイナビ出版)』を書きました。

Amazonでみる
Product Development IO
ゼロからWebエンジニアになるためのブログ
お問い合わせ
ご意見・ご質問やお仕事のご依頼などは下記よりお願いいたします
お問い合わせ
© Product Development IO