入門記事単語書籍

技術ブログのサービスでおすすめは2つだけ【プラットフォーム】

こんにちは、ぜに(@zenizh)です。あなたは次のような悩みがありませんか?

読者のイメージ

技術ブログを始めたいんだけど、どのサービスがいいのかな?

技術ブログを書くためのサービスはたくさんありますが、おすすめのサービスは2つだけです。結論からいうと:

  1. はてなブログ
  2. Zenn

ですね。この記事では、サービスの選択肢と選ぶときの基準、また上記2つのサービスだけが向いている根拠を書いていきます。

この記事を読むことで、エンジニアとしての成長に大切な情報発信を今日から始められますよ。ぜひ参考にしてくださいね。

私は2013年からはてなブログやZenn、Qiitaなどのサービスで技術ブログを書いてきました。今も技術ブログを書いていて、この経験をもとに書いていきます。

目次

技術ブログを書くサービスの選択肢

技術ブログを書くという前提で、まず候補となるサービスを選びます。代表的なブログサービスとして、次の6つを選択肢とします:

技術ブログのサービスを選ぶ基準

この中からどのサービスを選ぶか。これは、次の10個の基準をもとに選ぶといいです。『あるべきもの』と『任意のもの』に分けると:

あるべきもの

  • Markdownで書けること
  • 表示速度が早いこと
  • SEOに強いこと
  • 書ける内容に制約がないこと
  • 日本語で発信しやすいこと
  • 運営の継続面で信頼できること

任意のもの

  • 自分のブログであること
  • 独自ドメインを設定できること
  • 広告が表示されないこと
  • 収益化できること

です。『任意のもの』については、気にしなければ基準から外してもらっていいかなと思いますが、少なくとも『あるべきもの』については満たしておいた方がいいですね。

選ぶべきサービスは2つ

上の基準を考慮した上で、選ぶべきサービスは:

  1. はてなブログ
  2. Zenn

の2つだといえます。この理由について書いていきますね。

1. はてなブログ

はてなブログ はてなブログは技術ブログにぴったりのサービスです

はてなブログはMarkdownで書けて、(不適切な内容を除いて)自由に書くことができます。技術情報だけでなく、日記や趣味などのことも問題ありません。

日本語で発信しやすく、広告を貼って収益化することもできます。自分だけのドメインをもてるので、『自分のブログ』として技術ブログを運営できますよ。

ただ表示速度が遅く、計測ツール『Lighthouse』では100点中30点以下になるサイトが多いです。表示速度が遅いとSEO面で不利になりますね。はてなのサービス全般にいえるのですが、フロントエンド関連のエラーが多いのも気になるところです。

また過去にはてなダイアリーからはてなブログに変更されていて、今後同様のことがないとも言えません。URLの形式も特殊で、将来WordPressなどにブログを移行したいときでも考慮することが多くなります。

無料版では広告が表示され、独自ドメインも設定できません。

欠点をいくつかあげましたが、気にならなければはてなブログは最適のサービスといえますね。私も第一に選びたいサービスです。

2. Zenn

Zenn Zennはユーザー体験に優れた情報共有コミュニティです

こちらもMarkdownで書けます。表示速度が速かったり、全体的にユーザー体験がとてもいいのが特徴です。

書けることは技術情報に限られますが、自分用のメモでも自由に書けます。日本語でも発信しやすいですね。

Zennの特徴として本を販売できる機能があります。著者を金銭的にサポートする機能もあるので、収益化という面でも選びたくなるサービスですね。

Zennは情報共有コミュニティなので、厳密には自分のブログとはいえません。Zennというプラットフォームにみんなで記事を投稿しあうイメージですね。

独自ドメインが設定できず、広告による収益化もできません。また新興サービスで、企業に買収されたとはいえ運営実績が短いことは頭に入れておきたいです。

今は広告が表示されませんが、事業戦略によっては表示される可能性もありますね。

どちらを選ぶか

選び方としては:

  • 自分のブログをもちたい → はてなブログ
  • 共有コミュニティでもいい・技術情報を収益化したい → Zenn

という選び方でいいですね。どちらも無料で使えるので、しばらく使ってみてあなたに合う方を選ぶといいと思います。

他の選択肢を避けたい理由

この2つのサービス以外を選ばなかった理由を次に書きますね。あくまで私の主観なので、気になる方は実際に使って試してみてくださいね:

  • note → サービスの世界観が心地いい。ただエディタが書きづらく、文章の表示も技術情報にしては冗長すぎる。非技術記事がよく炎上するため、プラットフォームとしてのブランディング面が気になる
  • Qiita → 書ける内容を制限しているため、ドメイン全体としてSEOに強い。書ける内容が少なく、サービスにふさわしくない記事は削除される。ガイドラインが変わるなど、運営側の信頼性が気になる。よく炎上し、またUIも気になるところが多い
  • Medium → Twitterの共同創業者が開発。運用面の信頼性でいえば一番安心できる。日本語の表示に読みづらさがある。コードが書きづらく、Markdownでも書けない
  • dev.to → 表示速度が最高レベル。英語のサービスなので日本語で発信しづらい。英語用のサブブログとして最適

あなたが英語のみで発信しようとするなら、Mediumかdev.toを積極的に検討したいですね。

まとめ:どのサービスを選ぶか

技術ブログを始めるならはてなブログZennがいいですね。英語のみで発信するならMediumdev.toも検討してみてください。

WordPressも検討しよう

サービスについては上記の通りですが、技術ブログを始めるならWordPressも一度検討すべきです。WordPressなら、上で書いた条件のすべての面で優れています。

手間とコストはかかりますが、長く続けるならWordPress一択ですね。Webサーバーによってはボタンをぽちぽちするだけでインストールできますし、広告を貼ればコストも回収することができます。

これについては次の記事で詳しく解説しています。WordPressの運用経験はエンジニアとしてのスキル向上にもなるので、実益も兼ねることができますよ。

loading...

おわりに

技術ブログを書くサービスははてなブログかZennが向いています。どちらも無料で使えるので、試しに登録してみてくださいね。その際はWordPressも検討すると、納得して技術ブログを始められると思います。

技術ブログを書く・読むのが好き🧑‍💻 Webエンジニア←プログラミング教育で起業←東大院←熊本高専。

Follow @zenizh
\ 記事をシェアしよう /

この記事を気に入っていただけましたら、ぜひフォロワーの方にシェアしてくださいね

ツイート画面をひらく
関連記事関連書籍
現場で使えるRuby on Rails 5

共著で『現場で使えるRuby on Rails 5(マイナビ出版)』を書きました。

Amazonでみる
Product Development IO
ゼロからWebエンジニアになるためのブログ
お問い合わせ
ご意見・ご質問やお仕事のご依頼などは下記よりお願いいたします
お問い合わせ
© Product Development IO