入門記事単語書籍

技術ブログにはWordPressがいい理由。選ぶべきサーバも紹介します

あなた
あなた

技術ブログをはじめたいんだけど、どこで書けばいいの? WordPressがいいとは聞くんだけど。

という悩みに、記事でお答えしていきたいと思います。

技術ブログをはじめようとするとき、どこでやるのが一番いいのでしょうか。もちろんケースによりますが、私はたいていの場合WordPressがいいと思っています。

私はこれまでいろんな静的サイトジェネレータやブログサービスでブログを作ったり、自作のブログシステムでブログを書いたりしました。もちろんWordPressも使ってきました。

この経験をもとに、WordPressとはなにか、どういうケースに適しているかを書いていきます。また、WordPressで技術ブログをはじめるときの構築手順としておすすめのサーバをまとめています。

この記事の対象となる読者の方

この記事は、これから技術ブログをはじめようとする方、技術ブログをもっているけど移行しようと考えている方を対象としています。

とくに、プログラミングスクールや独学でプログラミングを学んでいる方、エンジニアとしての実務経験が1〜3年目くらいの方に向けて記事を書いています。

WordPressとは

WordPressとは、言わずと知れたオープンソースのブログシステムですね。2003年にリリースされた、歴史あるブログシステムです。

2021年のW3Techsによる調査によると、すべてのCMSのうち64.3%がWordPress、すべてのWebサイトの40%がWordPressでした。MicrosoftやZoomも、公式サイトのCMSとしてWordPressを利用しています。

WordPressは2003年にリリースされましたが、近年でも継続的にアップデートされているので、実績という意味でも将来性という意味でも安心感は大きいですね。

私もWordPressでブログを作ってきましたし、今もWordPressを用いたブログを運用しています。他のサービスを使ったりもしていますが、WordPressでとても快適に利用できています。

技術ブログにおけるWordPress

では、技術ブログにWordPressを用いるのは実際のところどうなのでしょうか。私は技術ブログでもWordPressはとても適していると考えています。その理由として、次のことがあります:

  • Markdownで書ける
  • テーマ、プラグインが豊富にある
  • カスタマイズが自由にできる
  • サーバによるが高速に動作する
  • 執筆や管理が簡単にできる

技術ブログにおけるWordPressのメリットについて、次の章で詳しくみていきますね。

技術ブログはWordPressでいいのか

この記事をお読みの方は、技術ブログをはじめるときにWordPressでいいのかな?とお悩みだと思います。結論からいうと、だいたいの場合でWordPressがおすすめです。

まず、技術ブログを作る手段としては次が考えられます:

  • 自作する
  • 静的サイトジェネレータを利用する:Hugoなど
  • ブログサービスを利用する:はてなブログなど
  • WordPressを利用する

その上で、技術ブログの手段を選ぶときの必須条件は次になります:

  • 長く続けられること
  • 書きやすいこと

このふたつの条件は、ブログサービスとWordPressなら満たします。技術ブログは、なによりも継続してアウトプットすることが大切です。『更新をやめる理由をなくすこと』がなによりの条件になってきます。

更新をやめる理由をなくす

ブログシステムを自作したり、静的サイトジェネレータを利用すると、いざ書こうとしたときに書き方を忘れてしまっていたり、更新の仕方が面倒という理由で、『書きたいのに書きづらい』ことがあります。

私は上記の方法すべてでブログを開設したことがありますが、自作と静的サイトジェネレータはなかなか継続しませんでした。設計面で最強のブログシステムを作って満足した結果、管理画面が使いづらくてやめたり、など。

技術ブログを継続するには

技術ブログを継続するには、とにかく更新をやめる理由をなくすことが大切です。ブログシステムを自作したり静的サイトジェネレータを利用すると、いざ書こうとするときに書きづらかったり、更新の仕方を忘れてしまうかもしれません。

ブログサービスを利用するか、WordPressを設置するやり方がいいと思っています。

ブログサービスを利用するかWordPressか

あなた
あなた

じゃあ、ブログサービスでもよくない? なんでWordPressなの?

次にはてなブログなどのブログサービスを利用するかWordPressを利用するかですが、次をもとに判断するとよいと思います:

  • 表示速度にこだわるか
  • 広告を消したいか
  • 収益化したいか

表示速度や広告が気にならなかったり、収益化しなくてもよければブログサービスを利用すべきだと思います。そうでなければWordPressがいいと思います。

ブログサービスは表示が遅いことがよくあり、この遅さを自分でコントロールできないという欠点があります。広告の表示についても、有料契約して広告を消すという手もありますが、その金額でWordPressを設置した方がいいでしょう。

WordPressは、後述するサーバを選べば高速に動作させることができます。収益化もできて自由度の大きいWordPressは、技術ブログに最適な手段だと考えています。

本サイトで用いている手段

本サイト『Product Development IO』はWordPressではなくNext.js+Contentfulで構築しています。これは入門コンテンツなどWordPressでの表現がしづらいコンテンツを作るためです。

もし入門コンテンツがなければ、私もWordPressを選択していたと思います。

技術ブログをWordPressではじめる手順

それではWordPressを選ぶとして、どうやって始めていけばよいでしょうか。大きく次の4つの手順で進めていきます:

  1. サーバを契約する
  2. ドメインを取得する
  3. WordPressをインストールする
  4. ドメインを設定する

この手順について、まずサーバを要件をもとに比較しつつ、おすすめのサーバを書いていきます。またドメインも取得します。WordPressをインストールし、ドメインを設定すれば完了、という手順ですね。

せっかく技術ブログをはじめるなら、いいブログを作りたいですね。それでは手順の方を見ていきましょう。

公式サイトで情報をお確かめください

この記事の内容は、執筆・更新時点での最新の内容となっています。記事の内容は随時更新しますが、古い情報が載っている可能性があるので、実際に公式サイト上で確かめてくださいね。

1. サーバを契約する

まずはサーバですね。サーバはWordPressを動作させる場所です。まず前提として、WordPressが動作する条件として次がある必要があります:

  • PHPのバージョンが7.4以降であること
  • MySQLのバージョンが5.6以降、またはMariaDBのバージョンが10.1以降であること
  • HTTPSをサポートしていること

CPUやメモリの数値はとくに定められていませんが、サーバには次のような要件が欲しいところですね:

  • 表示速度が早いこと
  • 料金が安いこと
  • 安定していること
  • 継続性が期待できること
  • 無料でSSLに対応できること
  • WordPressの管理サービスを提供していること

この条件を元にサーバを比較してみます。いろいろなサーバを見てみた結果、次の3つを候補として選びました:

サーバConoHaロリポップColorfulBox
推奨プランWINGパック・ベーシックハイスピードBOX2
料金720円〜/月500円〜/月880円〜/月
転送量18TB/月600GB/日6TB/月
ディスク容量250GB250GB300GB
WebサーバLiteSpeedLiteSpeedLiteSpeed
無料SSL
無料ドメイン×
自動バックアップ
WordPress対応
プラン変更上位プランにのみ可
運営会社GMOインターネットGMOペパボカラフルラボ
運営開始2013年2001年2018年
公式サイトConoHaロリポップColorfulBox

推奨プランとしたのは、WordPressの運用に適したプランを私の方で選んでいます。たとえばプランを下げるとWebサーバがLiteSpeed非対応になったり、ドメインの取得や自動バックアップが有償になってしまいます。

上記のサーバであれば、基本的にはどれを選んでも間違いないと思っています。私は、この中でもとくにConoHaをおすすめします。

サーバはConoHaがおすすめ

ConoHa WING

ConoHaには『WordPressかんたんセットアップ』という機能があります。上の表で『WordPress対応』を◎にしたのはこのためです。これはWordPressを自動インストールしてくれるのはもちろん、独自ドメインを無料で取得でき、かつドメインの設定も行ってくれます。

WordPressのテーマやプラグインをインストールする機能があり、もちろんSSLも自動で対応してくれます。運営会社がGMOインターネットということもあって安定しており、継続性という意味でも安心感がありますね。

私も仕事でConoHaを使っていますが、快適に利用できています。

プランはWINGのベーシック一択

ConoHaにはプランがいろいろありますが、技術ブログ+WordPressという前提なら『WINGのベーシック』がいいと思っています。720円〜/月で利用でき、ディスクもSSDで250GB、転送量も18TB/月と十分すぎる数値といえます。

WebサーバはLiteSpeedというWebサーバを用いていて、WordPressを動かしているPHPの実行環境としてとても高速です。他のサービスではオプションの場合もあるディスクやデータベースの自動バックアップも標準で搭載しています。

Let’s EncryptによるSSLを無料で利用でき、プランの変更も自由に行えます。公式サイトを見れば使ってみたいと思えると思うので、ぜひ一度見てみてくださいね。

2. ドメインを取得する

次に独自ドメインを取得します。サーバから割り当てられたサブドメインも使えますが、ちょっと冗長ですよね。ドメインもできれば取得したいところです。

ドメインについては、サーバ側が無料で提供しているものもあるので、サーバの公式サイトを確認してみてください。上でおすすめしたConoHaも無料でドメインを取得できるので、そちらから取得すればいいと思います。

ただ、サーバ側で取得できるドメインは限られているので、別途取得するのもありです。その場合は次のドメイン取得サービスがおすすめです。

サービスお名前.comムームードメイン
料金
種類
運営会社GMOインターネットGMOペパボ
運営開始1999年2004年
公式サイトお名前.comムームードメイン

ドメイン取得はお名前.comがおすすめ

お名前.comは取得できるドメインの数が豊富で、料金も安いです。サーバがロリポップの場合は同じ運営会社のムームードメインがおすすめですが、そうでなければ基本的にお名前.comでいいと思っています。

お名前.comはメール通知が煩雑だという声がありますが、ドメイン更新期限の通知などは重要なものなので、あってもいいと思っています。うっとうしければメールのフィルタ機能でスキップすればいいだけですしね。

ただ、管理画面が遅いという問題があります。こればっかりは安さ・使い勝手の代償と思うしかありません。

3. WordPressをインストールする

WordPressについては、上で書いたサーバであれば各サーバ側で自動インストール機能を用意しているので、これを使えばいいですね。おすすめしているConoHaにも自動でインストールする機能がついています。

ConoHaには前述のとおりドメインの取得や設定、SSLの設定、WordPressのテーマやプラグインのインストールも一括で行ってくれます。技術ブログは技術情報の発信が本質なので、インストールまわりに時間はかけたくないところです。ここをやってくれるのは大きなメリットですね。

4. ドメインを設定する

次にドメインを設定します。ConoHaのように自動で取得・設定できる機能があれば、それを使えばいいですね。お名前.comムームードメインで別途取得したドメインを設定する場合は、各サーバが提供している設定マニュアルにしたがって設定していくことになります。

まとめ:技術ブログ×WordPressにおすすめのサーバ

以上の内容をまとめます。表示速度や料金などいろんな要件を出したところ、次の3つが候補に上がりました:

サーバConoHaロリポップColorfulBox
推奨プランWINGパック・ベーシックハイスピードBOX2
料金720円〜/月500円〜/月880円〜/月
転送量18TB/月600GB/日6TB/月
ディスク容量250GB250GB300GB
WebサーバLiteSpeedLiteSpeedLiteSpeed
無料SSL
無料ドメイン×
自動バックアップ
WordPress対応
プラン変更上位プランにのみ可
運営会社GMOインターネットGMOペパボカラフルラボ
運営開始2013年2001年2018年
公式サイトConoHaロリポップColorfulBox

上の3つであればどれを選んでも間違いはないと思っています。その中でもWordPressやドメインなどを自動で設定してくれ、早くて安く、運営会社も信頼できるConoHaがおすすめです。

まとめ

技術ブログをはじめるとき、たいていのケースでWordPressがいいと思います。WordPressを動かすにはサーバとドメインが必要になりますが、ConoHaは各種設定を自動で行ってくれ、かつドメインも無料なのでおすすめです。

また、技術ブログで収益化をめざしたいときは、『技術ブログ収益化入門』もあわせてご覧くださいね。

Webエンジニア&プロダクトマネージャ。 プログラミングで『ひとりで働く』を模索中。 三重の山の中で妻とこども、ネコとのんびり暮らしています。

Follow @zenizh
\ 記事をシェアしよう /

この記事を気に入っていただけましたら、ぜひフォロワーの方にシェアしてくださいね

ツイート画面をひらく
関連記事関連書籍
現場で使えるRuby on Rails 5

共著で『現場で使えるRuby on Rails 5(マイナビ出版)』を書きました。

Amazonでみる
© Product Development IO