入門記事単語書籍

技術ブログとは?書くこと7つと、企業・個人のブログ14個を紹介します

こんにちは、ぜに(@zenizh)です。あなたは、次のような悩みをもっていませんか?

読者のイメージ

技術ブログってやった方がいいらしいんだけど、そもそも技術ブログってなに? どんなことを書くの?

これについて、次の3つでお答えしていきます:

  1. 技術ブログとはなにか
  2. どんなことを書けばいいのか
  3. 参考になる企業・個人の技術ブログ

技術ブログは、エンジニアとして成長する上でとても大切な道具です。将来エンジニアとして活躍するための第一歩となります。まずは、この技術ブログについて知るところからスタートしましょう。

私は2013年にエンジニアになるための学習を始め、同時に技術ブログをスタートしました。このブログも技術ブログで、たくさんの方に読んでいただいています。こういった経験をもとに、この記事を書いています。

目次

技術ブログとはなにか

技術ブログとは、『エンジニアが技術情報を発信することを主な目的としたブログ』のことをいいます。

たとえば、あなたもプログラミングや開発で悩んだときにインターネットで検索すると思います。このとき、解決策が書かれている記事の中には技術ブログがあるかもしれません。

技術ブログは、自分のために書くというのもそうですが、他のエンジニアが技術情報を収集する目的で読んだりしますね。個人や企業に所属するエンジニアが、知識の定着やブランディングなどを目的として書いています。

どんなことを書くか

技術ブログは、とくに「これを書くべき」「これを書いてはいけない」というものはありません。ただ、一般的には次の7つが書かれます:

  1. エラーとその解決策
  2. ライブラリの紹介
  3. 言語やフレームワークのTips
  4. 知識の体系化
  5. 技術に対する考察
  6. 技術書のレビュー
  7. その他学んだこと

ここで書いたものに固執せず、書きたいことを書くといいですね。その記事は、きっとあなたと同じ悩みをもつ他の誰かの役に立ちます

「これは書いていいのかな?」なんて考えずに、まず書くことが大切ですよ。

技術ブログに書くこと

技術ブログに書くことに決まりはありません。「書いてもいいのかな」と思ったことはどんどん書いていきましょう。

参考になる企業・個人の技術ブログ

文章だけで説明しても、実際に見てみないとわかりませんよね。ここでは技術ブログを始めるにあたって参考になるブログをいくつか紹介させていただきます。

企業の技術ブログ

個人の技術ブログ

あとは、本ブログも個人の技術ブログという立ち位置で運営しています。参考にしてみてくださいね。

技術ブログはやるべきか

そもそも、技術ブログはやるべきなんでしょうか?私の結論は『絶対にやるべき』です。プログラミングを学ぶなら、エンジニアをめざすなら、まず技術ブログを始めましょう。

技術ブログは、知識の定着やブランディングといったたくさんのメリットがあります。他にも、同じ悩みをもつ他の誰かの役に立ったり、技術コミュニティに寄与できるという意味もあります。

技術ブログをやるメリットは、次の記事でも詳しく書いています。あわせてご覧くださいね。

loading...

技術ブログはどこで書くか

参考までに、技術ブログはどこで書くべきかについて話します。結論は、『WordPressが最適』です。

次の記事で、その理由についてまとめました。あなたがまだブログを作っていない、あるいはもっているけど書けていないなら、ぜひ読んでみてくださいね。

loading...

おわりに

技術ブログは、技術情報を発信するための場所です。知識の定着やブランディングなど、エンジニアとして成長するために欠かせない大切な道具です。

書くことは自由で、たとえばエラーとその解決策、ライブラリの紹介なんかを書くといいですね。まだもっていないなら、今日から始めてみましょう。

技術ブログを書く・読むのが好き🧑‍💻 Webエンジニア←プログラミング教育で起業←東大院←熊本高専。

Follow @zenizh
\ 記事をシェアしよう /

この記事を気に入っていただけましたら、ぜひフォロワーの方にシェアしてくださいね

ツイート画面をひらく
関連記事関連書籍
現場で使えるRuby on Rails 5

共著で『現場で使えるRuby on Rails 5(マイナビ出版)』を書きました。

Amazonでみる
Product Development IO
ゼロからWebエンジニアになるためのブログ
お問い合わせ
ご意見・ご質問やお仕事のご依頼などは下記よりお願いいたします
お問い合わせ
© Product Development IO