入門記事単語書籍

【技術ブログ】WordPressのテーマにおすすめな3つ

こんにちは、ぜに(@zenizh)です。今回は、次のようなお悩み:

読者のイメージ

技術ブログをWordPressで始めようと思ってるんだけど、どのテーマがいいのかな?

について、記事でお答えしていきます。この記事では、技術ブログにおいてWordPressのテーマはどれがいいのか、まず選ぶ基準を明確にした上で、これを満たすおすすめのテーマを3つ厳選して紹介します。

結論を先に書くと、紹介するテーマは次の3つです:

  1. THE THOR
  2. OPENCAGE
  3. SANGO

私はこれまで受託制作やプライベートでWordPressを使い、ブログやWebサイトをいくつも作ってきました。その中で、無料/有料問わずいろんなテーマを導入し、実際に運用してきました。

この経験をもとに、おすすめできるテーマとして上の3つを紹介していきます。よかったらお読みくださいね。

この記事の対象となる読者の方

この記事は、これから技術ブログを始めようとする方、すでに運営している方を対象としています。技術ブログによらず、WordPressで作るブログであれば参考になると思うので、ぜひ読んでみてくださいね。

技術ブログにWordPressがいい理由は、『技術ブログにはWordPressがいい理由』で詳しく書いています。

目次

WordPressのテーマとは

WordPressのテーマとは?変更するときの注意点と選び方のポイント』によると、WordPressのテーマとは:

Webサイトのデザインだけでなく、サイト全体の構成や骨組み、表示される機能まで反映されるもの

のことをいいます。

テーマと聞くとデザインのことだと思われがちですが、デザイン以外にもいろんな機能もふくまれるんですね。たとえば:

  • SEO対策
  • 記事での表現の追加(会話形式など)
  • 広告用のタグの管理機能

といった機能が追加されます。テーマをインストールすることで、見た目だけでなく、ブログを運営する上で役立ついろんな機能が有効になります。

逆にいうと、テーマを入れないと自分で設定することがふえてしまうことになります。これは時間がかかりますし、SEOなど『知識がないと時間をかけても効果的に行えないこと』もありますね。

基本的に、WordPressでブログを始めるときはテーマを入れるようにすべきだといえます。

WordPressのテーマを選ぶ基準

では、テーマ選びについて書いていきますね。まず前提として、テーマを選ぶときは次の3つを満たすものがいいです:

  1. SEO対策がされていること
  2. アップデートの頻度に問題がないこと
  3. 見た目が気に入っていること

まずひとつ目、SEO対策がされていないと、ブログのアクセス数はふえづらいです。これはブログ全般にいえることですが、とくに技術ブログは検索エンジンからの流入が中心になるからです。

このための対策、つまりSEO対策はテーマ選びの重要なポイントですね。この記事で紹介しているテーマであれば、どれを選んでも問題ありませんよ。

次にアップデートが行われていることも大切です。WordPressは機能の追加やセキュリティ対策のために、頻繁にアップデートが行われます。テーマ側でWordPressの変更に追随できているかどうかも見るべきですね。

これも、この記事で紹介しているテーマであれば問題ありません。

最後のデザイン性について、これは主観なのであなたの好みかどうかによりますね。この記事では、SEOとアップデート頻度の2点を満たしつつ、デザイン性のとくに高いものを3つ厳選して紹介します。

読者のイメージ

なるほどね。SEO対策とアップデートの頻度をふまえた上で、見た目が気に入ったものを選ぼうっと。

選ぶ基準については、他にもレスポンシブ対応だったり、人によってはアフィリエイトなど収益化したいという人もいると思います。ここで紹介するテーマはこれらの点についても問題ありません。

WordPressのテーマは有料のものを選ぶべき理由

ここでひとつ、テーマの料金に対する考え方について書かせてください。

WordPressのテーマには無料/有料どちらもあります。ただ、基本的に有料のものを選ぶべきだと思っています。この記事で紹介しているテーマも、どれも有料のものになっています。

これは、上で書いた基準をすべて満たすものが有料のものしかないからです。とくに、『2. アップデートの頻度に問題がないこと』については、有料のもの以外は信頼しづらいです。

アップデートには、テーマ制作者の開発コストがかかります。必然的に、有料でないと継続的なアップデートは難しくなるんですね。

見た目が気に入った無料テーマが見つかったとしても、テーマ側でWordPressの変更に対応できず、更新が大変になったり、使えなくなるといった問題も出てきます。

読者のイメージ

テーマにお金をかけるのに抵抗があるなら、はてなブログみたいな無料のブログサービスを使う方がよさそうだね。

Googleで無料のテーマを見つけて、ぜひ信頼性の面で比較してみてください。有料テーマを選んだ方がよさそう、というのがなんとなくわかると思います。

有料テーマの月あたりの料金

有料テーマはだいたい8,000〜円という価格帯になっています。たとえば8,000円だとして、3年間運営したときの料金は約220円/月ですね。がんばって更新しよう、と思える金額ではないでしょうか。

WordPressのテーマにおすすめな3つ

それでは、上記基準を満たすテーマを3つ紹介していきますね。

この3つを選んだ理由は、SEO対策アップデートの頻度に問題がなく、かつデザイン性のとくに高いものを、私の経験をもとに厳選しました:

名前THE THOROPENCAGESANGO
おすすめ度★★★★★★★★★☆★★★★☆
大きな強み表示速度書きやすさデザイン性
SEO対策
アップデート
導入サポート-
料金¥14,800¥7,980〜¥11,000 ※ 割引について後述
運営者フィット株式会社株式会社bridge-
公式サイトTHE THOROPENCAGESANGO

無料/有料問わずいいテーマを選んでいたのですが、結果的に有料のもののみになりました。これらについて、ひとつずつ見ていきますね。

公式サイトを確認してください

この記事の内容は執筆時点のものとなっています。最新の情報は、各公式サイトにてお確かめくださいね。

1. THE THOR

THE THOR

THE THORは、SEOに強くデザイン性も高いテーマです。WordPressのテーマとしてもっとも代表的なテーマのひとつです。

たとえば、表示速度については:

  • AMP/PWAに対応
  • Gzip圧縮、ブラウザキャッシュに対応
  • 画像の遅延読み込み、CSSの非同期読み込みに対応

といった、エンジニアとしてこだわりたいパフォーマンス最適化がされています。公式サイトでも『PageSpeed Insightsでスコア90以上』を謳っています。ここまで表示速度にこだわっているテーマは他にないと思います。

また、『安心メールサポート』というアフターフォロー体制があり、導入までをサポートしてくれます。そのほか、ブログを収益化したいときに役立つ、広告などのタグを管理する機能などもあります。

私がいちばんおすすめするテーマです

私はこれまでたくさんのブログやWebサイトで有料/無料問わずテーマを導入・運用してきましたが、THE THOR一番おすすめできるテーマですよ。

まずはTHE THORの公式サイトを見てみてくださいね。安心して選べると思います。

2. OPENCAGE

OPENCAGE

OPENCAGEはブランド名で、いくつかのテーマをもっています。どれもデザイン性に優れていますが、とくにおすすめなのが最新の『ストーク19』というテーマです。

ストーク19はWordPress5から導入されたブロックエディタ『Gutenberg』に対応しているなど、記事の書きやすさという点で他のテーマを圧倒しています。

デザイン自体も、アニメーションなどを駆使していてユーザー体験がよく、表示速度も早いですね。収益化のための広告タグ管理機能も備えています。

OPENCAGEも、導入までのサポートがあります。OPENCAGEの公式サイトでデザインや機能を見てみてくださいね。

3. SANGO

SANGO

SANGOはマテリアルデザインを中心としたデザインで、読書体験に優れています。テーマの制作者は200万PV/月のブログを運営していて、そのノウハウが詰まったテーマとなっています。

このテーマの制作者は、ドキュメント共有サービスZennの開発者としても知られていますね。

SANGOはSEO対策も十分で、表示速度も早いです。色をカスタマイズすることで、ブログの印象を大きく変えることができるという特徴があります。

ただ、導入についてのサポート対応がなく、カスタマイズにはデザインセンスが問われます。時間をかけてでも、細部までこだわりたいときに選びたいテーマですね。

おさらい

以上、私がおすすめする3つのテーマを紹介しました。再掲すると:

名前THE THOROPENCAGESANGO
おすすめ度★★★★★★★★★☆★★★★☆
大きな強み表示速度書きやすさデザイン性
SEO対策
アップデート
導入サポート-
料金¥14,800¥7,980〜¥11,000 ※ 割引について後述
運営者フィット株式会社株式会社bridge-
公式サイトTHE THOROPENCAGESANGO

となります。

この3つであればどのテーマを選んでも間違いはないと思っています。あとは見た目の好みなどで選んでみてくださいね。

いくつかのテーマを割引で購入する方法

読者のイメージ

ちょっと、上の『割引について後述』について早く教えてよ。

技術ブログにはWordPressがいい理由』で、WordPressのサーバーにはConoHa WINGがおすすめだと書きました。

ConoHaには『WordPressかんたんセットアップ』という機能があります。これは、WordPressの自動インストールはもちろん、独自ドメインを無料で取得・設定できるほか、テーマを自動でインストールしてくれます。

しかも、上でおすすめしたSANGOのほか、いくつかのテーマを割引料金にて購入できるんです。たとえば下記のTHE SONICなんかも技術ブログに適したテーマですね。

THE SONIC

これからWordPressを始めるときは、ConoHa WINGが強くおすすめです。すでにブログを運営している方も、『WordPressかんたん移行機能』がありますよ。

関連記事

loading...

まとめ

技術ブログをWordPressで作るときのテーマについて、選ぶ基準を明確にした上で、それをもとに3つのテーマを厳選して紹介しました。

ここで紹介したテーマであれば、どれを選んでも問題ありません。あとは、見た目の好みなどをもとに直感で選んでみてくださいね。

エンジニアになりたい人を心から応援したい。起業→失敗→プログラミング学習→Webエンジニア。三重県在住。なんでもご相談くださいね。

Follow @zenizh
\ 記事をシェアしよう /

この記事を気に入っていただけましたら、ぜひフォロワーの方にシェアしてくださいね

ツイート画面をひらく
関連記事関連書籍
現場で使えるRuby on Rails 5

共著で『現場で使えるRuby on Rails 5(マイナビ出版)』を書きました。

Amazonでみる
Product Development IO
エンジニアの『ひとりで働く』を発信するブログ
お問い合わせ
ご意見・ご質問やお仕事のご依頼などは下記よりお願いいたします
お問い合わせ
© Product Development IO