単一責任の原則とは

「クラスのもつ責務はひとつであるべき」という原則。 責務が複数あると、その責務の数だけクラスを変更する理由が生じる。 このとき、ある責務に対する変更が、関係ない別の責務に影響を与えてしまう。 複数の責務をもつクラスは最小限にし、クラスには単一の責務だけをもたせるよう設計する。

Published on:

Author
著者Hiroki Zenigami

プロダクト開発者。妻と娘、猫とのんびり暮らしています。


Publishing
現場で使えるRuby on Rails 5

共著で「現場で使えるRuby on Rails 5(マイナビ出版)」を出版しました