入門記事単語書籍

お仕事のご依頼

現在、フリーランスでの仕事または転職先を探しています。直近では育児をしつつフリーランスとして活動しているため、急いでいるわけではありません。ただ、いいお話があればいつでもお力添えさせていただければと思い、このページを公開しました。

略歴

1987年生まれ、熊本県出身。熊本高等専門学校→専攻科を首席で修了後、東京大学大学院に進学。新卒入社後、オンラインでプログラミング教育を行うスタートアップを創業。フリーランスを経て、上場企業など3社に転職。現在はWebエンジニア&プロダクトマネージャとしてプロダクト開発に携わる。共著に『現場で使えるRuby on Rails 5(マイナビ出版)』。

業務内容

私は次のような内容でとくに価値を出せると考えています:

  • Railsアプリケーションの開発。Ruby on Railsを中心にフロントエンド開発やインフラ構築も可。とくにProduct/Market Fitをめざすフェーズに強みをもつ
  • 少人数のチームにおけるプロダクトマネジメントやチームビルディング、エンジニア採用等
  • 技術広報、テクニカルライティング

特徴

私は少人数のチームでの新規事業立ち上げの経験が豊富で、ここに大きな強みをもっていると考えています。Railsを中心におきつつ、開発全般とプロダクトマネジメントの両軸で事業の価値向上に貢献します。

たんに仕事として開発やマネジメントをするのではなく、私はビジネスやユーザーに対する共感・理解を重要視しています。仕事をお受けする際は、事業で解決したい課題が私にとって『自分ごと化』できるかどうかを一つの基準とさせていただいています。

スキルの信頼性について

開発プロダクトマネジメントRuby on Railsについては、本サイトで記事をいくつか書いております。スキルの参考に、あわせてご覧ください。

スキル

私の大まかなスキルについては、次の表のようになっています:

レベル内容
得意Ruby, Ruby on Rails
できるTypeScript, CSS, プロダクトマネジメント
多少できるGo, インフラ全般
興味が強い技術広報, テクニカルライティング, 採用

Railsへのコントリビュート

Railsについては、業務や個人開発をする上で課題に感じたところについてRails本体にコントリビュートするよう心がけています。

主な実績

客観的な実績として、共著に『現場で使えるRuby on Rails 5(マイナビ出版)』があります。これは株式会社万葉に所属していたときに同僚と執筆しました。とくにフロントエンドの章を担当しました。

その他にもRailsやプロダクトマネジメントに関する勉強会やコミュニティ活動をいくつか行っています。これはプロフィールのコミュニティ活動をご覧ください。

主な経歴

株式会社アイシーク

2012年11月〜2014年1月。共同創業者&取締役COO。オンラインでプログラミングを学べる家庭教師サービスの事業開発を担当しました。

経済産業省のスタートアップ支援プログラムに採択、また起業家甲子園でAWS賞を受賞しました。

フリーランス

2014年6月〜2017年1月。主な実績として、クラウドファンディングサービスのCTOとして開発・運用を担当しました。

『OSSを利用した開発を外部に委託していた』という歴史的な背景から、技術的負債がふえたタイミングで参画し、Railsを用い1人でフルスクラッチ開発をしました。複雑な決済機能をもち、ユーザー数も数万人単位でしたが、データ移行まで完了しました。このプロダクトは大手企業のグループ会社化を果たしました。

また、600万PV/月の女性向けオンラインメディアをエンジニア&デザイナーとして1人で開発しました。Railsによる開発やAWSをベースにしたインフラ構築のほか、デザイン、またエンジニアの採用にも携わりました。最終的には7人の開発チームのリードエンジニアとして開発・運用に携わりました。

その他、複数のスタートアップで主に1人目のWebエンジニア&プロダクトマネージャとして新規事業の立ち上げを行ってきました。

株式会社万葉

2017年2月〜2018年2月。機械学習サービスのフロントとなるWebアプリケーションをRailsで開発。また、別のプロジェクトではGoでLinux/Windowsのサーバ監視エージェントの開発に携わりました。

いくつかの社内システムのインフラが手動で管理されていることに課題を感じ、Terraform+Ansibleで自動化しました。また社内のエンジニアであれば誰でも管理できるよう情報の普及活動を行い、定着にいたりました。

社内の新規事業コンテストで『Repost』を開発し優勝。OSSとして公開し、技術的な内容をRails Developers Meetup#5で発表しました。

株式会社ユーザベース

2018年3月〜2020年5月。Webエンジニア&プロダクトマネージャとして、起業家とサポーターをつなぐライブ配信サービスの立ち上げに携わりました。

リーンキャンバスをベースにした仮説検証やコアバリューの策定、ロードマップ作成等を行いました。立ち上げ当初は専業メンバーが私一人だったため、Adobe XDでプロトタイプやモックアップの開発も行いました。

また、高専のころ放送委員だった経験を生かし、ビデオカメラやAVミキサー等を用いたライブ配信環境の構築も行いました。

エンジニアとしてはReact Nativeでモバイルアプリを開発しました。APIサーバにはRailsを用い、私はサーバ側をリードしました。技術的な挑戦として、Mountable Engineをベースにした構成で開発し、この内容をEbisu.rb#18で発表しました。

業務形態

金額については、次を希望しています:

形態希望額相談可能な金額
正社員900万円〜/年720万円〜/年
フリーランス1万円〜/時間8,000円〜/時間

上記金額については相談可能です。とくに創業まもないスタートアップなどは柔軟に対応させていただきます。

勤務地については、私は三重県在住のため、基本的にフルリモートを希望しています。関東や九州であれば月に1〜2回の出社、愛知県や京都府など三重県近辺であれば、週に1〜2回の出社は可能です。

勤務時間については、幼いこどもが2人いるため、フルフレックスなど柔軟に対応できるとうれしいです。

業務内容の例

たとえば、フリーランスとしては次のような業務内容での依頼が可能です:

時間業務内容金額
Webアプリケーション開発80時間/月80万円/月
技術顧問10時間/月10万円/月
技術広報40時間/月40万円/月

他にも記事の寄稿等も可能です。まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

ここまでお読みいただき誠にありがとうございます。私に興味をもっていただけましたら、お問い合わせまたはTwitterのDMにてお気軽にご連絡ください。

技術ブログを書く・読むのが好き🧑‍💻 Webエンジニア←プログラミング教育で起業←東大院←熊本高専。

Follow @zenizh
現場で使えるRuby on Rails 5

共著で『現場で使えるRuby on Rails 5(マイナビ出版)』を書きました。

Amazonでみる
Product Development IO
ゼロからWebエンジニアになるためのブログ
お問い合わせ
ご意見・ご質問やお仕事のご依頼などは下記よりお願いいたします
お問い合わせ
© Product Development IO